バストアップクリームBEST3

 

バストアップクリームとは?

 

バストに塗って有効成分を浸透させることでバストアップをしていくというのが、バストアップクリームとなっています。気軽に実践をすることができるようになっているため、バストアップをしたいと考えている女性の間で注目されてきています。

 

バストアップクリームでも色々なものがあります。クリームのようになっているものもあれば、ジェルのようになっているものもあります。色々なバストアップクリームがありますから、自分に合いそうなものを探すようにしてみてください。

 

バストアップクリームを使ってバストアップをしていくのであれば、下から上に、そして外側から内側に円を描くようにマッサージをしながら塗り込んでいきます。最低でも1週間に三回はマッサージをしながらバストアップクリームを塗っていくようにしましょう。

 

バストアップクリームによって、含まれている成分が違っているのですが、ほとんどのバストアップクリームはイソフラボン誘導体が含まれています。イソフラボン誘導体が肌の中に浸透することによって、女性ホルモンが活発になり、乳腺を発達させてバストアップをしていくのです。

 

バストアップクリームを塗ったことによって、肩こりや冷え症といった悩みを改善させることができる場合もあるようです。女性ホルモンを活性化させるため、女性ホルモンが不足してしまって、更年期障害になってしまっている人も改善しやすくなります。

 

ただし、バストアップクリームは、少しずつ体質を変えていって、徐々にバストアップをしていくことが目的となっています。ですから、バストアップクリームを塗ったからといって即効性があるわけではありません。平均すると半年程度はバストアップクリームでマッサージをしていく必要があるでしょう。

成長ホルモンとバストアップの関係!

 

成長ホルモンは、細胞や組織の成長を促す働きがあります。その結果、身長を伸ばしやすくすることができるようになるだけではなく、女性の場合はバストアップをしやすくすることができるとされています。

 

成長ホルモンの分泌を促すことによって、成長ホルモンが、バストにあるラクトラゲン受容体に指令をだしバストを大きくしやすくすることが期待できるのです。

 

ただし、このラクトラゲン受容体というのは、その人によって成熟する年齢は異なっています。早ければ10歳ごろから成長をしますし、遅ければ30歳くらいで成熟します。

 

なお成長ホルモンというのは、13歳から17歳くらいの思春期の頃が最も分泌が活発になります。ですから、成長ホルモンが分泌されやすい時期でなくては、バストは大きくならないのです。

 

中にはラクトラゲン受容体が成長せずに終わってしまうという人もいます。どれだけ成長ホルモンは活発に分泌されていたとしても、バストにラクトラゲン受容体がなかった場合もバストアップをしていくことはできません。

 

ラクトラゲン受容体があるのであれば、ホルモン療法をすることによって、3週間から8週間でバストを大きくすることも期待できます。

更新履歴